保育士の求人と転職の状況 Part1

岐阜県のとあるで保育園を経営している従兄弟がの園では、数百人規模の園児を抱えるマンモス幼稚園となっていて、そこで働く保育士の人数も40人を超え、それ以外の職員も含めると50人以上にもなります。新卒者の求人が主で事務や急な退職による途中での求人も採っているようで、多くの園児と保育士をはじめとする職員を抱えるため、園長としての仕事がとても大変であると常日頃から言っています。短大卒の若い保育士の採用が多いため、50才を迎える従兄弟の園長と平成生まれの若い保育士の世代間ギャップが生まれ、保育士教育と園児の教育の両方と同時に寺院の住職であるため東奔西走しています。以前では、離職率が非常に高かったことが問題でしたが、現在では世間の景気が良くないことで、離職率が低いのですが、以前では人間関係によるトラブルや園内の職員同士のいじめや園長の指導に反発する若い保育士が多かったのですが、近年では若い保育士の離職率が低く、まれに他の園からのベテランの引抜があるようです。